生命保険の上手な決め方<医療保障>
死亡保障 | 医療保障 | 貯蓄性
生命保険ではもはや欠かせない保障の一つとなった医療保障。ここではその医療保障について、上手な保険の決め方をご紹介します。
病気やケガで入院した場合、医療費やその間の収入減などで、お金が必要となります。
どれくらいの保障が必要になるのか、考えてみましょう。
※下記の説明をお読み頂き、四角に数字や項目を当てはめてください。
医療保障でまずあなたに合ったものを選ぶポイントは

参考までに、平均在院日数は37.4日間です。
※厚生労働省 患者調査(平成20年)データより

10年間、80歳まで、終身(死亡まで)、etc

例) 50歳まで、定年まで、終身(死亡まで)

例) 先進医療保障、セカンドオピニオン、手術保障など

医療保険は商品ごとに内容が異なるために、単純に保険料で比べるようなことはできません。
まずは上記のポイントをつかんで、ご自身に合った医療保障を選びましょう。
ぜひお問合せください!
上記の数字から、あなたにピッタリの保険の組合せをご提案し、
保険料の試算をご提示します。

お問合せはお電話もしくはこちらから。

お電話番号 0120−68−0466
お問合せ案内